書を捨てず野に出るための

自律への旅の軌跡を記す予定。

新生活

はじめます。

学生→社会人の環境変化があってから、異動が無かったために、onの時間の環境変化はほぼ無し。
本当に久々の「新しい環境」です。錆び付いているかもしれない適応力を必死で稼働させて、しっかり環境に適合していきたいと思います。

とはいえ、がむしゃらにそれを成しても意味が無い。。。

昨日の前職でお世話になった方々とのやり取りで、「がんばり屋さん」と評されたのが印象的だったのですが、齢30もとっくに過ぎてがんばり屋さんも無かろう、、、と反省しました。いや、言ってくださった方々は褒めてくださってる場合がほとんどです。ホントに。
でも、なんかこう余裕の無さを露呈しているからこその評価なんだろうな、という気がしてまして。

しなやかに軽やかに生きたいと、以前にも増して強く思います。私の母は、理想は白鳥よ、と昔言ってました。水面上は優雅だけど、水面下での水かきは凄い、とのこと。努力は主張せずひっそりと。

そんな自分に変わりたいという意識と共に行動を変えれば、結果は自ずとついてくる。今日をそのきっかけできるかどうかは私次第。