書を捨てず野に出るための

自律への旅の軌跡を記す予定。

英語をどう話せないのか。

などと書いたけれど、TOEICの点数(もう有効期限きれたけど)は決して悪くない。
が、それでもやはり声を大にして言いたい。

英語話せません、と。

こんなことを8月から入る次の会社の人に言ったらなにをイマサラと言われそうで、今から一人でガクブルしてますが、もう入社すると言ってしまったものは仕方ない。

やるしかない。

満足に話せるようになるためには、まずは自己分析が必要です。英語が話せないという自己認識である理由は大きく三点。

①テーマが少し複雑化するor補足説明を求められると言いたいことを思うように言えない
②TPOに沿った表現を使えない
③長文対長文の会話が成立しない

うーん。やはりこれは、ビジネスレベルとは到底言い難い。。。

明日からは、それぞれに対して、何が根本原因でこれから1ヶ月弱で何ができるかを検討してみます。